kirakira
21:02:00
視聴アニメ現在の好感度。
もえたん>ドージンワーク>アイマス≦なのは>スクールデイズ>らき☆すた>ゼロの使い魔?
頭使わないお馬鹿な作品が一番と二番を占めております。

キャラ順だとこう。
スクールデイズ(心)>アイマス(亜美)>ドージンワーク(ソーラ)>なのは(はやて)>もえたん>らき☆すた>ゼロの使い魔?
もえたんから先は飛びぬけて好きなキャラがいないということで。


メガミマガジン購入。
なのはストライカーズのコミック。あー、ついにきたかこの話題。
六課隊長陣で誰が一番強いか。
もちろん単純な強さなんてものはねーよ的な流れになってますが。しかも次回に持ち越しかい。
ほうほう、はやては個人戦だと激弱で、六課前線メンバーで彼女が勝てる相手はフリード禁止のキャロぐらいとか。しかもなのはさん仕込みの最近のキャロには負けるかもしれんときた。
ヴィータの「平均的な強さは便利な何でも屋に過ぎなくて強さとはまた違う」という意見はまあ納得。
隊長たち四人は毎回勝者が違うだろう程には実力が伯仲しているらしい。
とりあえずシグナム回想のシグナムVSなのはの絵がすごいです。確かに血戦だわ(笑)
ティアのイメージの「なのはをのして勝利ポーズ決めるスバル」が素敵。いい絵だ。
強い相手に勝つには相手より強くなればいいというエリオの意見に思わず爆笑。



ここからは愚痴ですので嫌な人はスルースルー。



ストライカーズは敢えて敵側と新人達のパワーインフレを捨てて、強すぎる隊長側にリミッターとかAMFという様々な制限をかけることでバランス調整する斬新さを選んだのだろう。判断評価は視聴者の皆さんに委ねるという形で。
だから、どちらの方向性が好きかという、完全に好き嫌いの問題なんですよねー。
そして私は理屈より見栄えを重要視するのでストライカーズの方針は好きにはなれない、ということに。
まあ初期のガンダムにおける『強いけれど一人で大局は左右できない。大切なのはそれぞれがそれぞれの役割を果たすことだ』タイプの「戦争もの」だとまた別ですが。いくら理屈より見栄えとはいっても戦争もので種みたいなのは流石に御免ですし。や、戦争ものは好きじゃないんでガンダム以外だと殆ど見ませんけど。
で、ストライカーズは主人公達がみなリアルリアリティのある体制側のそれも平和維持のため活動する巨大組織に属しているため、一撃必倒の猪突猛進や感情任せの行動、根性とか運頼みの一か八かといったものは否定されちゃうんですよねー。組織なんだから当たり前なんですけど……だから組織ものは嫌だ、ぶつぶつ。

kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。
永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。レイサナの道を歩む。キャラ単体では早苗さんが好き。



新刊「永遠のレイサナ」とらのあな様にて委託販売中。


■自作動画
東方MMD短編
東方MMDシリーズもの

メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira