kirakira
17:56:10
「日本人に贈る聖書ものがたり 族長たちの巻」上・下巻(文芸社文庫)を読了。
いやー、面白かったです。こういう聖書関連本を読みたかった。
聖書の話を歴史小説風に書いて、そこに著者の否定的でない考察と、現代や日本の戦国時代などの出来事と比較したり重ね合わせたりしての薀蓄を挿入した内容ですが、読みやすくわかりやすくて楽しいです。
なにより聖書全体を、唯一神=ヤハウェの壮大なドラマとして捉えており、舞台裏としてヤハウェの思惑を挿入するのが面白い。

たとえばヤコブが神と格闘して勝ったあのシーンについて、ヤハウェと天使長の会話でヤコブが負けなかったのは相手が力を制限していたからだと語らせている。

「ヤハウェ様、ヤコブはどうして負けないのですか」
「ヤコブの体力と精神力には、わたしも驚いている。しかし、被造物の人間がいかに我を張ったところで、たかが知れている」
「でも、勝負がなかなかつきませんが」
「お前にはそう見えるか。ヤコブが負けないのは、あの人(ヤコブの格闘相手)があえて自分の力を制限して戦っているからだ」
「と言いますと」
「本気になれば、ヤコブなどひとたまりもない。ヤコブだけではない。人間は皆、わたしに戦いを挑もうとする。そしてなんとなく勝ったような気になるようだ。しかし、勝ったのではない。それは、わたしが忍耐しているからそう思うだけだ。人は、成長すれば、そのことが分かるようになる。ヤコブもな」

ちなみにヤコブが戦った相手は、この本では受肉前のキリストということになってます。ソドムとゴモラを滅ぼすために天使ふたりを連れて地上に降り、アブラムにそのことを伝えた大いなる存在も受肉前のキリストです。

うむ、満喫した。文庫版聖書ものがたり2巻、承の巻の刊行を楽しみに待つとしよう。
年の瀬にこれを読めてよかった。
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


「カワイイボクとファーストキス」とらのあな様にて委託販売中。



「おぜうの名推論コミックアンソロジー」とらのあな様にて委託販売中。



「ムングの獣かく語りき」メロンブックス様にて委託販売中。



メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira