FC2ブログ
kirakira
2019
04/28
12:03:38
ペガーナ・コレクション第1巻『ロマンス ―ダンセイニ卿 未収載短篇集―』を読了。

サイズ変更ウィザード-2

『最後の夢の物語』のような作品ぞろい。前半が「五十一話集」風の寓意的な話で、後半は「不死鳥を食べた男」以降のウィットとユーモアに富んだ話。

「永遠の月桂樹」
短い掌編ながら美しく理想郷に満ちたラストが素晴らしい。
「盗まれた力」
文明を発達させる人間に対する山々の会話。愚かな人間に待ち受けるのは自滅という示唆がいい。
「黄昏の囁き」
収録作の中では一番のお気に入り。夜更けに寝室を抜け出て土手のレールに座った少女が森の精霊の声を聞く。機械は森など自然の敵である。いまは機械文明が居座っているが、そんなものは長くは続かない。いずれ都市は滅び、自然が還ってくる。ダンセイニの作品にはこういうやりとりが多く見受けられる。この話に関しては、オチの部分が夜中に外へ出た女の子に対するダンセイニの道徳観をあらわしていてくすりとくる。
「雷光の崖を越えて」
長編『エルフランドの王女』からエルフランドの境界の一光景を切り取ったような話。
「ズボンを穿いた山羊」
アイルランドから魔法や魔女などの迷信を払拭しようと目論む政治家が現実主義者の教師を送り出した。それに対して魔女と呼ばれる女たちが集まって呪文をかけはじめる。その顛末はいくつかの憶測として読者の判断にゆだねられるが、そこで冒頭に出てくる山羊の持つインパクトが非常に印象深い。
「惑星の未来」
村の塔に住み着いた男は未来の霊と交信できるという博士だった。ほぼSFといっていい内容で、オチの会話はアシモフやクラークが書きそうなやりとりである。
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


「輿水幸子×橘ありす合同誌 カワイイボクのありすさん」メロンブックス様にて販売中。



「ありすと幸子のドリームランド」メロンブックス様にて販売中。



「カワイイボクとファーストキス」とらのあな様にて販売中。



「おぜうの名推論コミックアンソロジー」とらのあな様にて販売中。



「ムングの獣かく語りき」メロンブックス様にて販売中。



メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira