kirakira
22:23:37
それにしても私は救いようがないほどにハッピーエンド至上主義者である。ちなみに私にとってのハッピーエンドとは、好きなキャラが私の望む形の幸せな結末を迎えるという、非常に偏ったものであります。
つまり作中でそのキャラ自身が幸せ、あるいは幸せだったであろうと思われるラストでも、私の望む結末でなければハッピーエンドとは認識しないわけである。

私は自分の性質的に、ノベマスにしろ架空戦記にしろPVにしろ、シリアスな内容のものを視聴するべきではないのだろう。精神がもろすぎるのだ。

アイマス×スウィートホームは雪歩が死んだらその時点で視聴をやめようと改めて決意する。いや、精神的自己防衛的には現時点で視聴停止するのが一番なんだろうけど、あそこまで見ちゃってるだけにねぇ……
まあ私も短編で「危険 天海春香は人間ではない」とか「黒井嵩男の娘」とか「本当は怖いクトゥルフ神話」とか「モニタの彼方」とか作ってるんだけど、短編だしまあいいかという気持ちでやってきたんだけど、やはり今後はもうそういうのは作らないようにしようと思うなど。

で、春香と雪歩。はるゆき百合ものは、どうもストレートなハッピーエンドというものが少ない気がする。シネMADの「桜舞う並木道」は、春香の最後の意味深な「ごめんね」というセリフとキスで、二人はくっつかないんだなあと思うと胸が切なくなった。
また、にわPの「エッジ オブ ヘヴン」などは、胸にグサリと突き刺さった。なまじ描写が上手いだけに。瑞Pの「アイドルメタルシティ」は見てないのでなんともいえないけど、あれは百合じゃなさそうな感じ。

だから私はそのときそのときで思いを強くしていったのである。なら私は、はるゆき百合でわかりやすいハッピーエンドを描こうじゃないか、と。単純で中身が無くてもいい、春香と雪歩のとにかく幸せでイチャラブな内容と結末のものを作り続けようと。

ちなみにここでぶっちゃけると、「はるゆき熱愛物語」終盤のゆきはるちは展開と顛末は、ミノリPの「ひんそー永夜抄」のラスト展開が納得いかなかったことに端を発する、いわば意趣返しのようなものだったりする。
「ひんそー永夜抄」はねえ、stage6までは本当によかったのよ。それがなんでExtraStageであんなシリアス展開にしちゃうかなーと。はるゆきラブラブで終わらせればいいじゃん。そんなことをとにかく思った。だから「はるゆき熱愛物語」のゆきはるちはは、ああなったわけです。

まあつまるところ、私のはるゆきは、「自分ならこうする!」という気持ちのあらわれともいえる。結局、私にとって、自分が本当に満足できるもの、納得いくものは自分しか作れないということを実感したというか。
というか、自分の望むハッピーエンドは自分しか作れない、というべきか。どうも作り手にしろ受け手にしろ、単純なハッピーエンドを好まない人が多いように思えてならない。まあ私の考えるハッピーエンドが単純かどうかというとアレだが。私自身は単純だと思ってるんだけれど。

思いっきり長々とぶちまけてしまったが、とりあえず、私は今後は可能な限り、単純にはるゆきが幸せな動画ばかりを作っていこうと心に決めたわけです。ようし!
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kadasu.blog10.fc2.com/tb.php/1617-e5964186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


新刊「カワイイボクとファーストキス」とらのあな様にて委託販売中。



メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira