kirakira
13:34:28
幻夢の時計を読了。
タイタス・クロウの帰還よりずっとページ数が少ない上に第二部をほぼ読み飛ばせたのでさっくり読めた。

話の大筋はほぼ凡氏の抄訳どおりなので、幻夢境の描写や細かい点などに目をやって読んだ。
それにしてもクロウとティアニアが敵にとっつかまった経緯がスカポンタンすぎて泣けてくる。クトゥルーの幻夢境への影響を遮断するために向かうのに、なに観光気分満々なのよ。しかも風情がないからって無敵の大時計に乗ってこないとか平和ボケしすぎじゃないんか。しかもあからさまに怪しすぎるレン人の罠にほいほい引っかかって囚われの身とか、おいおいおい。
タイタス・クロウの事件簿と地を穿つ魔でのクロウは知的で冴えてたのだが、帰還で肉体変容したとき身体能力は凄くなったけど知能は低下したんじゃなかろうか。ド・マリニーがクロウの知能アップに疑問を抱いたのは無理もない。あるいはティアニアという美少女ゲットして間が抜けてしまったとしか思えない。

ダイラス・リーンからトゥロク山脈や洞穴での戦闘、檻の番人のところまでクロウがずっと全裸で三日月刀を振り回してたかと思うとなんとも……幻夢境シリーズでもヒーローとエルディンが幻夢の船や狂月で全裸になってたけど、いやはや。

あとは、ランドルフ・カーターの描写で「たくましく突き出た顎」という表現に和んだw

しかしまあ、これは、叩かれやすい内容ではあるなあと思う。私は好きだけどね。
とはいえはたして4巻以降は翻訳されるのだろうか。
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kadasu.blog10.fc2.com/tb.php/2086-10898c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


新刊「カワイイボクとファーストキス」とらのあな様にて委託販売中。



メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira