kirakira
23:35:42
東方儚月抄の小説を読了。
なんというか、結末的には紫のえーりんへの意趣返しみたいな話だけど、各キャラそれぞれのエピソードを楽しむ作品だからこれでいいのだと思う。

なんだ、やっぱり地上の民は月の都には絶対に敵わないのね。
この小説は月の都や月の民の設定が豊富で、輝夜や永琳、妹紅の話なども語られてて面白かった。浦島太郎などの日本の昔話を組み合わせるのもうまいなあと思う。
個人的にはレイセン可愛い。

ラストの輝夜と霊夢のやりとりは実にらしくてよかった。

輝夜「気温は一定で腐ることのない木の家に住み、自然に恵まれ、一定の仕事をして静かに将棋を指す……、遠い将来、もし人間の技術が進歩したらそういう生活を望むんじゃなくて?」
霊夢「もっと豪華で派手な暮らしを望むと思う」

輝夜「その考えは人間が死ぬうちだけね。これから寿命は確実に延びるわ。その時はどう考えるのでしょう?」
霊夢「寿命を減らす技術が発達するんじゃない? 心が腐っても生き続ける事の無いように」

なんとも霊夢らしいというか、ZUN氏の思想なのかしら。香霖堂を読んでいるときも思ったけど、キャラの性格はともかく、観点に関しては作者の思想が反映されているんじゃないかなーと。


あとがきではこんなこと言ってるなあ。幻想郷の妖怪や人間には幻想郷の事象は当たり前のことだからロマンに感じない。幻想郷にロマンを感じるのは外の人間だけで、逆に幻想郷では毎日のあわただしい生活と情報・道具に溢れた外の世界にロマンを感じていると。
「日常にロマンを感じる一番簡単な方法は、幻想の世界に生きる事でしょうか。意外と容易い気がしますね。日常から幻想小説を楽しんでいる方には」
――とはいうものの、幻想小説を楽しんでても幻想世界に実際に身をおいてないので現実の日常にはロマンを感じられないですん……。
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kadasu.blog10.fc2.com/tb.php/2142-16e8b028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


新刊「永遠のレイサナ」とらのあな様にて委託販売中。


■自作動画
東方MMD短編
東方MMDシリーズもの

メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira