kirakira
00:03:59
この本を購入。「鬼神の石塚」目当てです。

剣と魔法の物語―ヒロイック・ファンタジー傑作集 (ソノラマ文庫―海外シリーズ)剣と魔法の物語―ヒロイック・ファンタジー傑作集 (ソノラマ文庫―海外シリーズ)
(1986/12)
ロバート・E. ハワード

商品詳細を見る


ロバート・E・ハワードの作品は青心社クトゥルーに収録されているものしか読んだことがありませんが、今回この短編集を読んでみて、いやはや、迸る男臭さが見事。
「妖虫の谷」では勇猛なアーリア人の祖先が蛆虫の怪物と相打ちになり、「吸血鬼の墓」もカウボーイの男が土壇場で底力を発揮して吸血鬼と激しい肉弾戦。「悪霊の館」も主人公が血生臭く、蛮人の精悍な野獣の血が体から溢れ出しそうな話ばっかりですw
「密林の人狼」は単なる人狼譚ではなく、ひとひねりきかせているところがなかなか。「ブードゥー教の半漁人」はタイトルの半漁人よりも敵の女のほうが目立ってたなあ。

そして「鬼神の石塚」ですが、いやー、よかった。
アイルランドが舞台でクロンターフの戦に言及しつつ、最後は現代に蘇った北欧神話の邪神オーディンを、聖ブレンダンの十字架に宿った白衣のキリストの聖なる力で撃退するという素敵なお話でした。何気に表紙イラストもこの作品ですね。

好みに合うのは「鬼神の石塚」だけでしたが、どの作品も純粋に楽しめました。さすがの筆致であります。
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kadasu.blog10.fc2.com/tb.php/2220-0e050bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


新刊「カワイイボクとファーストキス」とらのあな様にて委託販売中。



メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira