kirakira
22:05:21
図書館でコビーしていただいたブラックウッドの短編4つを読了。

「ふしぎな友だち」は長編『王様オウムと野良ネコの大冒険』以前に書かれた、ダッドリーとギルデロイが主役の短編という、非常に興味深い作品でした。長編と違って飼い主のモリー視点なので、二匹の心情描写や人間台詞はなく、内容もほのぼのしたミステリ仕立てです。

「ランニング・ウルフ」は、釣り人と、インディアンの亡霊である幽霊狼との奇妙でどこかほんのりした救済のお話でした。
「二人で一人」は……つまりどういうことだってばよ。強迫観念が生み出した幻覚分身ですか。アニマス24話の春香さんですか。

そして「意外つづき」は、怪奇幻想要素が一切無い普通の幸運話だった。
怪奇幻想要素の全く無いブラックウッドの話は初めてだなあと思ったら、どうもこれはアルジャナン・ブラックウッドの作品ではない可能性が高いみたいです。作者名がブラックウッドとしか記されてないうえに原題が不明とのこと。


片影4.1号を読了。
りきさんのフォルヌレ論。scopeというのを初めて知ってどんなのだろうと検索してみました。
http://www.edogawa-art.jp/scope/index.html
へえー、これにライトを当てると雰囲気が様変わりするわけか……さぞかし夢幻的でしょうなあ。

で、「草叢のダイアモンド」って何か記憶にあるなあと思ったら、『怪奇小説傑作集4』に載っていたやつだ。幻想的な昏い静謐さと哀しさが漂う話として印象に残ってます。

未谷さんの西條八十「不思議な窓」コラムは、以前動画の題材として提供していただいたテキストに加筆修正されたものでした。
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kadasu.blog10.fc2.com/tb.php/2224-d8a6cf47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


新刊「カワイイボクとファーストキス」とらのあな様にて委託販売中。



メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira