kirakira
13:42:10
この本を購入。

スペイン民話集 (岩波文庫)スペイン民話集 (岩波文庫)
(1989/12/18)
A.M. エスピノーサ、 他

商品詳細を見る


冒頭の話が「謎掛け合いの末に、紳士のお尻に蕪を突っ込んだ若い娘がその紳士と結婚する」という上級者向けの民話で吹きましたが、それ以降はまあそんな意味不明でシュールでもない普通の民話が続くので一安心です。

笑い話の項目の一発目が「人妻に横恋慕した三人の司祭がその旦那に殺されて、後始末を任された愚か者が勘違いでまったく無関係な司祭まで殺してしまう」というかなり笑えないブラックジョークギリギリの話なのがまたなんとも……笑い話というわりには、神父と不倫した妻を神父もろとも棍棒で殴打して重傷を負わせる話とか、夕食のチキンを全てつまみ食いしてしまった娘が自分のお尻の肉を切り取って調理して父親に食べさせる話とか、笑っていいものかどうか困惑する内容が多め。お国柄ですかね。

個人的におっと思ったのは「天使と隠者」。砂漠でたった一人で暮らす隠者は毎日天使から水とパンをもらって生活していたのだけど、る日、数人の警官が罪人を町へ連行しているのを見て、「神をないがしろにしたあんな悪人の魂は地獄へ落ちてしまえばいいんだ」とつぶやいた。すると神はその傲慢さをよしとされず、隠者に施しを与えなくなったわけですが……これは凶悪犯罪が起きるとネットで「こんなやつは死刑にしろ! 殺せ! 徹底的に追い詰めてつるし上げろ!」と叫ぶ現代の市民感情的に考えさせられます。

動物譚はスペイン人は狼に何か恨みでもあるのかと思ってしまうほど狼が酷い目に合って殺される話が多くてちょっと引きます。そりゃーとくに昔のヨーロッパだと狼は恐怖の対象だから、愚か者の悪者にしたくなるのも仕方ないのでしょうが。
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kadasu.blog10.fc2.com/tb.php/2772-e3960814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。
永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。レイサナの道を歩む。キャラ単体では早苗さんが好き。



新刊「永遠のレイサナ」とらのあな様にて委託販売中。


■自作動画
東方MMD短編
東方MMDシリーズもの

メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira