kirakira
18:54:10
ロビン・ウィリアムズ主演の映画『アンドリューNDR114』をレンタルして観賞しました。

A5A2A5F3A5C9A5EAA5E5A1BCA1A1NDR114A1A126copy3BA5BDA5CBA1BCA5D4A5AFA5C1A5E3A1BCA5BA.jpg

この映画はアシモフの傑作短編「バイセンテニアル・マン」が原作であります。
アシモフ作品の映画化というと、『ナイトフォール 夜来たる』はとてつもないクソ映画で、『アイ・ロボット』は「われはロボット」の登場人物名だけ同じの別物らしいから見る気にならなかったわけですが、『アンドリューNDR114』はだいぶ原作どおりらしいので。

うん、後半に恋愛要素を追加して主軸にしている以外はおおむね原作に沿っていて、まずまずよかったです。外皮が人間のものになるまではボディがちゃんとロボットなのが嬉しい。時が流れて登場人物たちが年老いていくのを表現しているのもいいですな。ロボットの歴史書に着手しなかったのは残念ですが、自由を欲するくだりをやってくれたのはほっとしました。オリジナル要素として同型のロボットを探して旅をするところはよかったです。
ただまあやはりというか、個人的に恋愛要素はいらなかったなあ。アシモフの作品では人間がロボットに恋をしてしまう話はあっても、ロボットが人間に恋をすることは一貫してなかったはずですので。だからこそ原作「バイセンテニアル・マン」はアンドリューが人間であることを認められるための執念が伝わってきますし、最期の言葉「リトル・ミス……」が心に残るわけで。
とはいえ一般的にはロボットが人間に恋をして(さらにセックスまで!)夫婦と人間を望むほうが受け入れられやすいしわかりやすいでしょうから、映画は映画で悪くないと思います。というか映画のほうが良いし感動できる人は多いのではないかと。このへん完全に好みの問題ですね。
なにはともあれ丁寧な内容になっているのは評価できます。
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kadasu.blog10.fc2.com/tb.php/2933-19730a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


新刊「永遠のレイサナ」とらのあな様にて委託販売中。


■自作動画
東方MMD短編
東方MMDシリーズもの

メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira