kirakira
19:18:04
塩野七生『サロメの乳母の話』を購入しました。

サイズ変更ウィザード-1

オデュッセウスの漂流譚はでたらめだと独白する妻ペネロペの話に始まり、サロメが洗礼者ヨハネの首を所望した真相を語る乳母、世渡り下手のダンテを嘆く妻、カリグラ帝の馬から見たカリグラ、イエスの弟から見たイエス観など、歴史に名を遺す偉人や英雄の近くにいた人々が通説とは異なる視点で裏話を語るという内容の短編集。

表題作はサロメの乳母が、実はサロメは非常に賢い女で、洗礼者ヨハネとの会話で「善意に満ちて行いの清らかな人間が過激な世改めを考え説くほど危険なことはない」という結論に至り、母親の介入などなくサロメ自身の意思で父親の立場を救ったのだという。さらに最後はローマの貴族に愛を捧げてローマ入りして幸せに暮らしたとか。
イスカリオテのユダの母親がろくでもない人間だったり(かなり風刺的)、イエスの弟から見たイエスは家族に対して冷たい人物像だったり、皇帝ネロには双子の兄がいてネロの悪行はすべて兄の仕業だったという話など、様々です。

お目当ての「聖フランチェスコの母」は、アシジの聖フランシスコの母親がフランシスコのことについて語るものですが、ほかの話と違って皮肉な面はなく、フランシスコの人間性や伝説を貶すこともなく、母がフランシスコを愛し理解するあたたかい内容でほっとしました。通説と違う点は、息子の名前をジョヴァンニからフランシスコに変えさせたのは父親ではなく母親の希望だったというところ。あと、有名な小鳥への説教は、母親との思い出を意識したものだろうというくらいですかね。
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kadasu.blog10.fc2.com/tb.php/3078-f2e7e9b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。
永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。レイサナの道を歩む。キャラ単体では早苗さんが好き。



新刊「永遠のレイサナ」とらのあな様にて委託販売中。


■自作動画
東方MMD短編
東方MMDシリーズもの

メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira