kirakira
20:59:38
『G・K・チェスタトン著作集6 久遠の聖者』を図書館で借りました。

サイズ変更ウィザード-1

ブラウン神父シリーズで有名なチェスタトンによるアシジの聖フランシスコ論に興味があったので。
読んでみたところ、チェスタトンの聖フランシスコに対する敬愛がひしひし伝わってきて、よかったです。陽気で楽観的で最後まで突進する情熱的な詩人として高く評価し、チェスタトンが重視するフランシスコの特性に的を絞って重点的に論じています。活動的で後悔や鬱屈とは無縁の愛すべきフランシスコの姿を感じ取ることができていい気分になれました。

チェスタトンの作品はブラウン神父しか読んだことがないですが、幼少時のチェスタトンはギリシアの神々に魅せられていたけどやがてキリスト教がそれらを払拭した感じなのかなと。よくキリスト教が偉大なローマ文明を終わらせて盲目の暗黒時代と化しルネサンスでようやく文明開化したといわれるが、実際はキリスト教が終わらせたのは異教の誤った自然崇拝であり人々を正常な道へ戻したのだ、と言っているっぽい。論争した正直な無神論者が「人々は地獄を恐れるがゆえに奴隷状態に置かれているだけだ」と言ったのに対してチェスタトンは「人々は地獄を恐れるがゆえに奴隷状態から解放されただけだ」というのが歴史的事実と述べていて、なるほどと感心した。さすが逆説の名手。「もしイスラム世界がキリスト教に改宗させられていたとするならば、世界は今よりも測り知れぬほどに緊密に一体化し、幸せになっていたであろうし、ひとつのことだけとっても、現代の歴史における戦争の四分の三は起こらなかったであろう」という個所が心に響きます。
kirakira
kirakira
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kadasu.blog10.fc2.com/tb.php/3113-62ca4681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


「カワイイボクとファーストキス」とらのあな様にて委託販売中。



「おぜうの名推論コミックアンソロジー」とらのあな様にて委託販売中。



「ムングの獣かく語りき」メロンブックス様にて委託販売中。



メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira