kirakira
00:16:06
ロバート・E・ハワード『失われた者たちの谷』を竹岡啓様より恵贈たまわりました。
此度の御厚意に多大な感謝を表させていただきます。

サイズ変更ウィザード-1

ハワードの描く様々な特色ある八本の作品が収録されています。未読の七作の感想を。

「トム・モリノーの霊魂」
熱いボクシングの血闘に偉大なチャンピオンの霊魂が助力にくるという話なわけですが、アストラル界というスピリチュアルなオカルトが盛り込まれているのが不思議な味わいで、肖像画がその扉というのが面白い。

「失われた者たちの谷」
テキサスで敵対する両家族はいわば導入で、丘陵の地下深くに潜むおぞましい妖術を扱う種族の恐怖が本題。からくも脱出するものの、現実を隔てた薄いベールの向こうにいる存在の真実に耐え切れず自殺するラストはラヴクラフト的な結末と感じました。

「黒い海岸の住民」
訳者あとがきを読むと一応SF作品らしい。そういわれるとそういう気もしないでもないけど、とにかく淡々とした透明感のある文章表現が印象的で、異種族との理解は無理であるがゆえの暗澹たる結末。

「墓所の怪事件」
十五層にもなる地下洞窟のなか、層を下るごとに遠い昔に閉じ込められた人間達の辿るおぞましき最悪の退化が顕著になっていく描写がぞくぞくする。後半はラヴクラフト「潜み棲む恐怖」を思い出したけど、こちらは逃げ出したところで終わり。いやいやいや、伏線かと思ったダイナマイトで出入口を爆破埋没してくれよw

「暗黒の男」
収録作の中では一番気に入りました。ヴァイキングに脅かされる中世アイルランドのケルト系戦士が主人公で、話も雰囲気も荒涼かつ茫漠とした熱気に彩られているのがいいです。栄華を誇る部族や戦士たちも一切は過ぎゆくもの。寂寥と悲哀が伝わってきます。司祭の信念がまた格好いいんだ。主人公が最後に「民族があるかぎり血の争いは終わらない」と言っていて、ZZガンダムでも民族の問題は非情に厄介という話があったなあと。
とりあえずティル・ナ・ノーグが主人公の言葉に出てくるのが嬉しかった。

「バーバラ・アレンへの愛ゆえに」
ハワードはこういう話も書けるんだと思わせる一篇。どこか詩的で叙情的な、時を超えた魂と愛のめぐりあい。戦争というものの悲しみも描いています。

「影の王国」
クトゥルー神話ですっかりおなじみヴァルーシアの蛇人間たちの脅威に、太古のヴァルーシア王カルが挑む。最初はつんけんしあっていたピクト人のブルールと鉄の友情で結ばれるのが格好いい。やはりハワード作品はこういうのが好きですわ。

なかなか堪能できました。ダーレスやハワードのクトゥルー神話以外の作品がもっと邦訳されてほしいと思いました。
kirakira
kirakira
00:11:40
10月1日開催のカラフルマスター∞に新刊ありさち本を頒布します。
サークルねこ工房「ス-31」

サイズ変更ウィザード-1

ファーストキスをテーマにありすと幸子がイチャイチャしながらクトゥルフ神話的怪異の調査をすることになる短編SSです。安斎都や白坂小梅も出てきます。表紙挿絵はゆいれそ様。
今回はテーマを決めてタイトル含め内容や結末をちょっと捻ってみました。
なお、表紙イラストの背景はクトゥルフ神話クラスタにはすぐわかるアレですはい。
興味ありましたらぜひチェックしてやってくださいませー。
kirakira
kirakira
2017
09/17
22:19:37
小梅の呪いの2話をアップしました。



今回はありすの狩猟シーンをメインに、小梅との会話、輝子の想いなどが語られます。
狩猟シーンのテキストは日本酒Pの書いたものを多少改変して使わせてもらいました。
kirakira
kirakira
20:45:37
『真ク・リトル・リトル神話体系2』を購入。

サイズ変更ウィザード-2

ラヴクラフトらによるリレー小説「彼方よりの挑戦」を手元に置いておくため。
この作品、ラヴクラフト担当話で中核となる事実が存分に語られ、主人公が外宇宙の異星の芋虫になっている恐怖が発覚したところでバトンタッチになるんだけれど、次のハワード担当話でのっけから主人公が恐怖を払拭して「地球での平凡脆弱な人間生活にサヨナラ! 芋虫になった俺サイキョー!」となる展開はほんと吹き出すし最高すぎでしょ。侵略者である芋虫の精神のほうがバッドエンドとなり、主人公は別惑星で人間の醜い部分をオミットされ賢く温情に満ちた支配者になるという、ある意味すごいハッピーエンド。
kirakira
kirakira
22:32:05
『アシモフ自伝Ⅰ』の上下巻を図書館で借りてきました。

サイズ変更ウィザード-1

単行本かつ段落が二段組みで1冊430ページ前後あるので、とても目が疲れました。
アシモフが自身の前半生を詳細に記述していて、後年のエッセイほどの面白さはないものの、アシモフ幼少時代からの生活環境や人間性などを知りたい人には興味深い内容だと思います。
若い頃は特に人から嫌われる性格をしていることと、その実例を存分に正直に語りまくっているのは感心するばかり。ぶっちゃけ文才がなかったら性格が災いしてかなりまずい人生を送っていたんじゃないかと思えるほど。興味深いエピソードはいろいろありましたが、ひとつだけよかったのを挙げておきます。

アシモフがギュンター博士の講演を聴いたとき、博士は独自の観念を照らして「夜来たる」の作品分析を論じた。アシモフが「それは違う。作者はそんなこと考えていない」と言って素性を明かすと、博士は「お会いできて本当に嬉しい」と敬意を表してから、次のように述べた。
「あなたが「夜来たる」の作者だからといって、その中に含まれているものが少しでも理解できると、どうしてお思いになるのですかな?」
アシモフはこれに答えられず、「小説には作家が意識している以上のものが含まれているかもしれない」ということに気づき、それ以来ギュンター博士と親友になった。
kirakira
kirakira
20:40:22
10月1日に京セラドームスカイホールで開催されるアイマスオンリーイベント「カラフルマスター∞」にサークル参加します。

サイズ変更ウィザード-2

サークルスペースは「ス-31」です。新刊の表紙や内容はまた後日に紹介します。
なお新刊の表紙挿絵はゆいれそさんですー。
kirakira
kirakira
20:59:38
『G・K・チェスタトン著作集6 久遠の聖者』を図書館で借りました。

サイズ変更ウィザード-1

ブラウン神父シリーズで有名なチェスタトンによるアシジの聖フランシスコ論に興味があったので。
読んでみたところ、チェスタトンの聖フランシスコに対する敬愛がひしひし伝わってきて、よかったです。陽気で楽観的で最後まで突進する情熱的な詩人として高く評価し、チェスタトンが重視するフランシスコの特性に的を絞って重点的に論じています。活動的で後悔や鬱屈とは無縁の愛すべきフランシスコの姿を感じ取ることができていい気分になれました。

チェスタトンの作品はブラウン神父しか読んだことがないですが、幼少時のチェスタトンはギリシアの神々に魅せられていたけどやがてキリスト教がそれらを払拭した感じなのかなと。よくキリスト教が偉大なローマ文明を終わらせて盲目の暗黒時代と化しルネサンスでようやく文明開化したといわれるが、実際はキリスト教が終わらせたのは異教の誤った自然崇拝であり人々を正常な道へ戻したのだ、と言っているっぽい。論争した正直な無神論者が「人々は地獄を恐れるがゆえに奴隷状態に置かれているだけだ」と言ったのに対してチェスタトンは「人々は地獄を恐れるがゆえに奴隷状態から解放されただけだ」というのが歴史的事実と述べていて、なるほどと感心した。さすが逆説の名手。「もしイスラム世界がキリスト教に改宗させられていたとするならば、世界は今よりも測り知れぬほどに緊密に一体化し、幸せになっていたであろうし、ひとつのことだけとっても、現代の歴史における戦争の四分の三は起こらなかったであろう」という個所が心に響きます。
kirakira
kirakira
プロフィール

皇帝栄ちゃん

Author:皇帝栄ちゃん

クトゥルー神話、ロード・ダンセイニやアルジャナン・ブラックウッドの小説、一昔前の海外怪奇幻想小説、織田作之助、アシジの聖フランシスコなどが好きな這いまわる偽善者。永遠属性持ち。ハッピーエンド至上主義。

東方は早苗さん好きで、霊夢と早苗のカップリングがお気に入り。アイマスは橘ありす好きで、ありすと幸子のカプがお気に入り。


新刊「カワイイボクとファーストキス」とらのあな様にて委託販売中。



メールフォーム

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
月別アーカイブ
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira